上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学生でお金がなかったんだけど、このドーム公演を知った瞬間「絶対行く」と頭の中で即決でした見切り発車の若さ全開な選択(笑)

中学の修学旅行以来の東京しかも初東京ドーム。広さの予測がつかなかった。

夜行バスで横浜へ。早朝六時くらいに横浜駅に到着☆
パン屋さんで朝食を買って、山下公園に行きました。
海を眺めながら朝食をとって、することがないので中華街へ
でもなんせ早朝。店は一件も開いてなかった(笑)
早々に中華街を後にして、目指すは伊勢佐木町
途中横浜スタジアムにも寄って写真撮影。
今日やるとこは、ここよりさらにでかいんだよなぁ~‥って思って心臓ザワザワしたのを覚えてる。

そして向かうはイセザキモールなんだけど、地図通りに行ってるのに全然辿り着けなくて‥(>_<)
キレた妹に地図を取り上げられ、妹の後に着いていくこと数分。ふと右を見ると『イセザキモール』の文字が!!


「あったぁぁ~!!」

妹様様でしたm(__)m
方向音痴すぎる姉で申し訳ない。ちなみに今だにあたしは地図が読めません‥

イセザキモールへ入ったら、松坂屋はすぐに見つかりました。あたしたちの他に一組ゆずっこさんがいたから、カメラのシャッターを押してもらって、笑顔で無言の会話(笑)
『今日はがんばりましょうね!』って、確かにお互い心の中で言い合った(笑)

その後向かいのカレーミュージアムのとこにあるゲーセンで記念プリを撮って、伊勢佐木町を後に、東京ドームへ向かいました。

ドームへ着いたら、まだお昼前なのにけっこう人がいて。
あたしらも昼食をマッハで済ませて物販の列に加わりました。

割と前のほうだったからグッズも早めに買うことができて、とりあえずホテルにチェックインがてら荷物を置きに行って、しばしの休憩。
やっぱ夜行バスは疲れるし、部屋に入ったらすごく寝たくなったんだけど、間近に迫るライブのことを考えたら寝れなかった。興奮しまくりでした。

そして時間になって。
いざ、ドームへ!!

席は「アリーナ D-4 151番」
後ろの前の方というか、真ん中の後ろの方というか・・
でもこの日は席なんかどうでもよくて、居れるだけで大満足でした
時刻が6時半に近づいてきたってゆーのに、妹が突然
「ちょっとトイレ行ってくるわ!!!」
もう始まるのに~!と思ったけど、ライブ中に行くのも切ないので行かせました。
妹がトイレへ走って数分すると、ラジオ体操の音楽が!
「うわ~!始まっちゃうよ!間に合わないよ!!」
と思いながら一人でラジオ体操(ちょっと悲しい)
そして、いよいよ
ゆずの登場!!

Tシャツにジーパン、すごくシンプルな二人が普通にステージに上がってきた!悠仁の髪型が・・・・暑そう(笑)
そして始まった曲は・・・・・
『春一番』
予想できたことかもしれないけど、あたしの頭の中には全くない選択肢だったので(笑)嬉しすぎて
うぎゃ~~!!(壊)ってカンジでした。
そこで、妹が息を切らしながら帰ってきて一言

「トイレからこっち来る途中、席がわからんふりしてエライ前の方通ってきたからすごい近くで見れたよ」

なんてズル賢い(笑)さすがあたしの妹です。

☆セットリスト☆
1.春一番
2.ドームボンバイエ!
3.いこう
4.ところで
5.四時五分
6.大バカ者
7.~風まかせ~
8.境界線
9.ねぇ
10.する~
11.遊園地
12.地下街
13.人生芸無
14.サヨナラバス
15.からっぽ
16.雨と泪
17.手紙
18.金曜日の週末
19.始まりの場所
20.シャララン
21.センチメンタル
22.くず星
23.心のままに
24.夏色
25.贈る詩
26.3カウント
27.少年
28.友達の唄

~アンコール~
29.嗚呼、青春の日々
30.飛べない鳥
31.いつか
32.シュビドゥバー
33.蛍の光
34.てっぺん

もう、ひたすら唄って唄ってなライブだったから、
シンプルなのに濃すぎる時間でした。
ゆずもきっとすっごく疲れただろうけど、観てるこっちもすごい疲れた(笑)それくらい濃かった。おなかいっぱいすぎるライブでした。
今DVDを観てもなぜか疲労感を感じてしまうくらい(笑)

その時は、ゆずのパワーに置いていかれないように、その瞬間を聞き逃さないように必死だった。
最高のライブだった☆

余談だけど、ドーム公演後、学校へ行ったらゆずT(ドームのグッズ)を着てるカップルを学食で発見!
あたしもドーム公演のTシャツ(白)を着てたので、お互い発見し合った時は声掛けずにいられないって感じで
「行きました!?行きました!?」「ゆず最高ですよねぇ~!」
と、プチゆずっこ交流IN学食(笑)
遠くから見てた友達に「なんかおんなじTシャツ着てて、おもしろかったよ」と言われました(笑)
それに対してのあたしの返答。未だに忘れない(笑)

「でも向こうはカップルだからね。負けたよ・・」

そんな楽しい(?)出来事も思い出に残ってる、最高の遠征でした!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。