上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてのゆずライブ。
とにかく、初めてゆずの唄を生で聴ける、ゆずの二人と同じ時間を過ごせることに嬉しさと感動が大爆発、そして興奮しまくりな日でした。
詳しい内容は覚えてないから、セットリストと、今でも思い出せる限りの気持ちを書きます☆


2000/7/30(日) at 阪急西宮スタジアム

憧れのゆずライブ。まだファンクラブにも入ってなかったけど、
某めざましテレビでのチケット合戦に妹が勝利!
そして、この素敵な日のチケットを手にいれることができました。


1 夏色
まず、林家夫妻の映像にやられました(笑)
ゆず!?と思ったらペーパーかよ!みたいな。
初めて聞いた生の歌声がこの唄だったこと、すごく幸せに思ってます。
泣いてる場合じゃないんだけど感動しすぎてどうしよう!?って感じだったな。
2 贈る詩
3 大バカ者
4 傍観者
5 かまぼこ
6 サヨナラバス
7 なにもない
~ゆず公認カラオケメドレー~
8 地下街
9 四時五分
10 いこう
11 ところで
12 えん
13 遊園地
14 ぼんやり光の城
15 ルルル
16 君といつまでも
17 する~
18 朝もやけ
19 蛍の光
20 シュビドゥバー
~メドレー終了~
21 岡村ムラムラブギウギ(音頭)
22 Theme~ひと夏のゆずマン~
23 ジャニス

この曲の演出は本当に感動的でした。
あの、真っ暗になって松明の明かりの中でハープの音色が聞こえた瞬間、鳥肌が立った。
曲自体はすごくいいと思ってた。でも何だか素直に受け入れることができなかったのがこの曲に対する正直な気持ちだったんだけど・・
でも、この日にこの唄を聴いて、そんなのはどこかへいっちゃった。
ほんとに素直に受け入れることができました。
今は、ホントに大好きで大切な曲。
24 向日葵ガ咲ク時
25 風とともに
26 真夏の太陽
27 嗚呼、青春の日々

涙が止まらなかった。
どんなことがあってもしっかり生きていこうって思った。
最後に自分に対して胸を張れるように。
今でも、聞くたびにこの日の景色を思い出します。
そして、同じことを思う。
最後に、自分に胸を張れるような生き方をしようって。
28 未練歌
29 月曜日の週末

憧れの曲だったからうれしかったな(笑)
『明日は何曜日?』みたいなのが曲の前にありました。確か。
30 センチメンタル
31 少年

初Y・U・Z・U!にドキマギ。
Zってどうやってやんの!?と、ワタワタしながら楽しみました。

~本編終了~
~enc~
1 葉月の雨
2 友達の唄

(ここで電車の時間が迫ってたため、泣く泣く退場・・)
3 シュビドゥバー


ひとことで言うと、感動。
もう、圧倒されて、置いていかれないように必死だったのをよく覚えてる。
あれから何回かライブに行って、その度に新しい感動を感じてるけど、
これからどれだけたくさんライブに行って、たくさんの記憶を頭の中にしまっていっても、
この日のことだけはいつまで経っても忘れないと思う。
初めてのライブが、この日でよかったって今でもホントに思ってます。
愛知から兵庫まで、今考えるとよく行ったと思う(笑)


次の日もよく晴れてて。
自転車をこいで郵便局へ行って、ゆずの輪の入会手続きをしてきました。
帰りにミニストップで、その頃売ってたゆずソフトを買って。
食べながらすごいキレイな青空の下、また自転車こいで家まで帰ったこともいい思い出です。

これが、記念すべきあたしの初ゆずライブ。
いつか書こうと思ってなかなか動けずにここまできちゃったけど(笑)
まだまだ記憶が鮮明な部分はたくさんあるので、ちょいちょい書き足していこう。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。