上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽に合わせて、ラジオ体操前のアナウンス。
なんだかお姉さんの声がいつもよりはずんでるような?
「本日は、ゆず、体育館ツアー2006 リボン。千秋楽にお越しいただきありがとうございます」
千秋楽!(笑)おもしろかったよお姉さん。

・・ラジオ体操が始まってほしいような、ほしくないような・・
もう心臓はドキドキバクバク。
そしてラジオ体操が始まって、さらに心拍数は加速!!
「もうダメだ~・・口から心臓が出てくる~・・」とつぶやいたら隣にいた妹に「・・大丈夫??」と心配される。

・・アンタこそ二日酔い大丈夫・・?(笑)

体操が終わって、いつものリボン映像
この映像にいつも泣かされる・・。
思えばいちばん最初に参戦した本公演名古屋2日目でもウルウルしてました。あれから4回見たことになるけど、4回とも・・
内容の良さもあるし、今から始まるんだって嬉しさも重なって泣けてしまうんだな。
そしてファイナルは、何よりも「これをライブで見るのは今日が最後なんだなぁ・・」って思って、もう普通に泣いてた(笑)

そしてゆずの登場!!!

演奏を始める前に、ステージの前方でマイクを使わずに悠仁が「最終日!来てくれてありがとう!!」って叫んだ。
そして始まった、『リボン』ファイナル!!


1.ニンジン
一曲目から、会場全体すごい一体感!!
これがファイナルとゆーものなのか!?とにかく凄かった。
「深い深い霧が・・名古屋にいる君と僕らの前に立ち込めても・・」
また会場ヒートアップ!しょっぱなから上げすぎ!
今日は間違いなく最高すぎるライブになる!!って勝手に確信してた。

2.命果てるまで
昨日よりも「どうせ!!」が揃ってたような・・?アリーナにいたから感じただけかな?
2曲目にしてすでに汗ダラダラ・・(笑)

3.ダスキング
やっぱなんかエロい(笑)素敵でした(笑)

4.桜木町
岩ちゃんの声をこのホールの中に閉じ込めておくのがもったいないと思うくらい良かった。
「繋いだその手をいつまでも離したくなかった・・」のところで、なんだかものすごくぐわーっと引き込まれる「歌声の引力」みたいなものをビシビシに感じました。びっくりした。
あんまり良すぎて、最後に悠仁が手を振る所で自分も振ってしまいましたそれによってまたもや「最後だぁ・・」って再確認しちゃって一瞬落ちた(笑)

5.栄光の架橋
声かけ、昨日よりはマシだった・・。けど・・。
いい加減にしてって思った事には変わりないです。
案の定、今日も入りにくそうだったし・・始める前に悠仁がちっちゃな声で「ハイッ」ってゆってから演奏スタート。
でも、唄はすっごく良かった。昨日の分を取り戻すくらい、心がいっぱいになりました。
1月から今日までのことを思い浮かべながら唄ってたのかな・・?

☆スライドショー☆

結成10周年のゆずも、変わっていかなきゃいけないんじゃないか?ってことで、
『これからのゆずを考える 最終回
これからのゆずベスト10(オレ調べ)』
オレ=悠仁(笑)

いろんなタレントさんの顔部分をゆずに変えて悠仁調べのベスト10の発表
順番は・・10位しか覚えてないな
とりあえず10位は、話題の兄弟「亀田3兄弟」の次男坊。
写真が出た瞬間に唄いだす岩ちゃん。曲はもちろん亀田次男が歌ったハウンドドッグのあの曲(笑)
「あ~いが~ すべ~てさ~♪いま~こそ~ ちか~うよ~♪」
しかも唄い方を真似てるからそこでまた爆笑

後は
●30年後(還暦)のゆず
赤いちゃんちゃんこ着てるゆずおじいちゃん(笑)
岩ちゃんの目がうつろすぎ・・悠仁の表情もなぜか寂しげ。
悠仁曰く「終わってますね(笑)」

●旬な男性→速水もこみち風岩ちゃん
普通肌バージョンと、「焼いてみました」ガングロバージョン。

●旬な女性→エビちゃん風岩ちゃん
キツかった(笑)ふんわり白ワンピのエビちゃんのお顔部分だけ見事に岩沢さん。ふにゃーっとした笑顔でした(笑)

●・・キレてるの?→小力風岩ちゃん
違和感が全くない!!(笑)似合いすぎだったよ・・

●1人増えました→ダチョウ倶楽部風ゆず
岩ちゃんがジモンさんで悠仁が肥後さん。竜ちゃんはそのまんま。
「リーダーだからちゃんとリーダーの位置なんですよ」と嬉しそうに言う悠仁。けっこう似合ってたよ(笑)

●憧れの・・(だっけ?)→X JAPAN風ゆず
岩ちゃんが半笑い!悠仁かなり似合ってたー。そして嬉しそうでした。

●大好きな芸人さん→南海キャンディーズ風ゆず
山ちゃん→岩ちゃん
しずちゃん→悠仁
岩ちゃんがハマりすぎでこわいくらいでした。
悠仁はふつうにカワイかった☆
ここで、『もし今日特別ゲストが来ても南海キャンディーズははいな~』と思ったあたし。

1位は「でもやっぱり・・」っていう文字の後にゆずの写真。
うん。ゆずはいつまでも2人で、ゆずであって欲しい。
それがイチバン素敵です。
でも・・おもしろかったからこの企画はまたやってほしい(笑)

6.一っ端
盛り上がってる客席を前に、曲に入るタイミングを逃す岩ちゃん。かわいい~!
悠仁はタモさん風締めをするのかと思ったらしないし(笑)
「やれよ!最後までやれよ!」みたいに岩ちゃんがつっこんでた。

イマイチ社会人である自分に自信の持てない自分。
でも、この曲を聞くといつも、少しずつでもいいから前に進もう!っていう気持ちになれる。昨日に引き続き、毒抜きありがとう!

7.ダスティンホフマン
う~ん!!色々考えちゃうなぁやっぱり。
男ゴコロはよくわかんないけど・・なんか、そーゆう切なさみたいなのは女でもきっとあるし・・
なんて、色々考えちゃうんだよな。いつもいつも。
最後まで心臓がギュっとなりました。

8.ヒーロー見参 
昨日はポスカを使ってたので、今日は違うんじゃないか・・?とコッソリ思ってたら・・やっぱり違ったーーー!!(笑)
今日は「マッキー」でした
会場のどっかからフライングで「ポスカ!!!」という声が聞こえてきた後、嬉しそ~にマッキーを取り出す悠仁。
『しめしめ・・♪』って表情で笑ってた。してやったりって感じ?(笑)

ゆずマンのイラストを描いてる時の悠仁の表情が、子供みたいですごくかわいかった思わず妹に「・・悠仁がカワイイ・・」と言ってしまいました(笑)

「なごやのみんなー!最終日 来てくれて 本当に本当にありがとう チュッ
「スタッフみんな おつかれさま はくしゅ!」(会場拍手!!)

ホンワカした気持ちでいたら「ヒーロー見参!」って聞こえてハッと我に返る(笑)前方では岩ちゃんがいつものヒーローポーズ!
何度射抜かれたかわかんないヒーローポーズも見納め。。
あの藤色にどれだけドキドキしたことか・・
何気に、映像もめっちゃかっこいいんだよね。

途中でのお絵かき(?)は
泣いてる岩ちゃんイラストに「最終日 さみしいよ」の文字。
ゆうじーん!!・・
ペンの持ち方が・・(笑)

そして御当地映像は昨日と同じしゃちほこ+海女さんゆず。
一言は「とったどーー!」
しゃちほこ獲ったらしい(笑)

9.チェリートレイン 
あのカップルのその後が気になりますね・・(笑)
あの並びとかステップとか、この長いツアーの合間に練習したのかと思うと嬉しくて泣けてきます。
やっぱりこの曲を生で聞くとドキドキしてしまうよ(笑)

緑は「最終日!やったー!・・でも寂しいっ!」
「やったー!」で手を上にバンザイして、「でも寂しいっ!」で、指を口元に持っていって寂しい表情。
ここで岩沢ワールド炸裂
「・・でも寂しいっ!」の時に、手を口元へ持っていき下唇をキュっと噛む岩ちゃん。表情はまさに「寂しいっ!」て顔
それがもう・・・・。もうもうもう!!!!
カワイすぎたぁ・・犯罪級のキュートさ!
ヤツは分かってるぞ!確信犯だ!!(笑)

岩ちゃんの「でも寂しいっ!」がスクリーンに映される度に、ものすごいたくさんの岩っ子の叫びが!(笑)
まぁあたしも叫ばずにはおれんかったけどね・・(笑)

10.少年
だいぶ壊れ気味でおかしなテンションのまま突入ー!
もう、楽しい!!!その言葉しか浮かばんぐらい楽しすぎて・・
いつものごとく悠仁は、チェリトレの緑ポーズを引っ張る!
そしてジャンプ!ジャンプ!!
ほんとにタフな人だぁ

11.3カウント
「一っ端」と同じように、この曲もあたしにとってものすごーく浄化作用のある曲でして・・。
ほんと、土砂降りの空が晴れ渡った後みたいなスッキリした気持ちになれる。
岩ちゃんが最後に「ありがとぉっ!!」って叫んだ。
その言葉でまたさらに元気になって。

こちらこそありがとうだよ。ホントにありがとう。

12.夕立ち
今日は、前奏の拍手があたしの周りはなかった!!
でも聞こえては来てたから、起きてたには違いないけども・・。

2人の唄ってる時の様子がすごく対照的。
なんとなく、「飛べない鳥」のプロモの様子と似ている感じ(動きがね)
ホント、心にずしーっと響いてくる夕立の世界。
それでもトゲトゲした痛さがないのは、きっと2人のあったかい唄声があるからなんだよね。
「通行人のフリをしながら・・」がすごく多いこの時代に、
もっと人に優しくなろうって思わせてくれた、2人に感謝してます。

13.しんしん
この曲を初めて生で聞いたのは1月の終わりで・・
雪は降ってなかったけど、とっても寒い日だった。
今日は夏の始まりのような暑い日で、時間が経ったのをまたしても感じました。


14.青
痛い・・!(笑)
今日は昨日より長いこと引っ張ったので・・ものすっごい腕が痛かったでもその分さらに熱くて最高!
昨日に引き続き、しんしんでクールダウンされてた会場がじわじわきてドカーン!となる(笑)盛りがりが最高に気持ちよかった!

15.嗚呼、青春の日々
青で腕痛いんですけど~・・また拳(笑)
でも、この曲はホントにホントに思い入れがすごくあって
痛さとか忘れるくらい入り込んじゃってた。
会場が一体になって大合唱、すごい楽しかったんだけど・・
やっぱりあの部分からは涙が止まらなかったよ。
涙ダーダーで拳を振り上げて、もうぐっちゃぐちゃです。
汗なんだか涙なんだか・・拭けよって感じだけど放置。
後方の席でよかったかも(笑)
ゆずの曲で、「悲しみ」と「希望」が一緒に感じれる曲は多いと思う。その中でもこの曲は自分にとって本当にリアルな一曲で、
だからこそ、聴き終わった後は力がグッと沸いてくる。

曲が終わった後、腕の尋常じゃない痛みに気付いた(笑)


16.夏色
夏色テープ、アリーナ42列目にもしっかり飛んできましたぜ!
でも争奪戦に負け・・・ショック・・
それは気にせず、
ソレソレソレソレ!!
「今夜はファイナル!」
「風邪などひくなよ!」
ソレソレソレソレ!!
もう一回!の後に、最終日らしく、ステージ上段には浴衣ダンサーズが!
なんかめっさテンション上がった(笑)みんなで一緒にソレソレソレソレ!!
そして『ファイナル北川』さんによる、スタドの紹介
ここで爆笑だったのが・・・ケン坊によるバナナ!!限られた時間の中、真顔で一気食い!めっさ早い!(笑)
いつから仕込んでたんでしょうか・・?ドコに隠し持ってたんでしょうか・・?冷えてたんでしょうか・・?それとも常温?(笑)
何にせよ、さすがケン坊、押さえどこがドンピシャです
この、スタド紹介でもそれぞれのキャラが色濃く出るなあと思った。
佐野さんとか・・友達になりたいよ(笑)一緒に踊りたいよ(笑)

そして、これもファイナルだから?いつもより一回多く「もう一回!」
久々に一回以上の「もう一回」だー!!ってことでテンションが爆発的に上がる!その後さらに上がる大事件が待ってるとも知らず、はじけまくってヘロヘロ~・・

そして曲終わり。悠仁・・じゃなくてファイナル北川さんがいつものやつを持ってきた。
ファイナルさんによる夏色テープ発射!
・・と思いきや『何か違う』みたいな表情を浮かべ、新しく持ってきたのは
夏色テープバズーカ砲(笑)
でかーー!!ふとーー!!
一体ドコまで飛ぶんだ?42列だしはじっこのあたしは見てるしかないけど(笑)どんな威力を持つのかワクワクしながら行方を見守ってました。
そして、ファイナルさん、バズーカ発射ーー!!
シュッパーーーーン!!
という大きな音を想像していた耳に届いてきたのは・・

シュウッ・・・・

という寂しげな音・・
そして目に飛び込んできた光景は、力なさげに弱々しく飛ぶ銀のテープ。


・・・不発!!(笑)


そして崩れ落ちるファイナルさん。
岩ちゃん大爆笑!!!
会場大爆笑!!
そして「もう一回!!」コール!
気を取り直していつものを持ってきて発射!!
と思ったら・・・
出ねーーーーー!!!(笑)
何にも出てこん!音も、テープも、なにもない!!
もう、謝るしかないファイナル氏(笑)
そこで客席から「もう一回!もう一回!!」
もう何も出すもののないファイナルさんですが・・最大の武器を出しました
「もう一回!もう一回!・・・ソレソレソレソレ!!」
結果的においしかった?(笑)もう、楽しすぎでした

17.超特急
どうしても、どうしても夏色テープが欲しくって・・
2列後ろの最後尾(これであたしがどれだけ後ろの席だったかが分かりますな)のさらに後ろ、席のない部分に落ちてたのをコソっと拾いに行きました。
けっこうお仲間が多く・・みんな拾ってた(笑)

実はそこ、中川さんがおりまして・・。黒スーツでびしっとしてまして非常に素敵でした
中川さんを気にしつつ、夏色テープを捕獲!
・・したと思ったら暗転!そして「ちょ~とっきゅ~!!」
うわぁ!始まっちゃった!!超特急!!

こっちのサブステに来るのは悠仁。最先端まで来たら・・
ちかーーーーい!!
ここ、42列目ですよ!?なんでこんなに見えるの?
表情めっちゃ見えるよ!どうしよう!
・・あわあわしながら楽しみました!
でも気になる反対側サブステ(笑)
今日の岩ちゃん、「カモン!ファイナル!!!」
今日だからこそ聴けるこのカモン!感激です。
そしてもっと感激、感動したのは
「ゆずっこばんざぁーーい!」
「ゆずばんざーーーい!!!」

もう、なんて人だ!!素敵すぎるよーー!
ありがとう!大好き!!楽しいよーー!!
いろんな想いでもう、頭の中ごっちゃんごっちゃん
間違いなく、今までで最高の超特急でした。

18.女神
語りはいつもと同じだった。
「女性への讃歌です」って悠仁が口にした瞬間にどこからか「ありがとー!」って女の子の声。
悠仁、めずらしく「おうッ!」って返してた。
そして、「この会場の男性を勝手に代表して・・」って言った後は男性陣からの「おねがいします!!」の声。
そんな声を背に、しっかりマイクを握り締めた悠仁。
「心と、魂を込めて・・」と言い、唄い始めました。

あたしが今、こうして生きてること、
今こうやって、素敵な、かけがえのない時間を過ごしてること、
たくさんの大切な人たちの中で、笑って生きていれること、
小さな、些細なきっかけがどんどん繋がって、あたしっていう人間が始まってる。
そーゆうことをいっぱい考えながら聞いた。
いつか、あたしも繋げていけるんだろうか・・?命のリレー。
まだ漠然としてて、全然リアルじゃないけど・・。
その時は、この曲を聞いても恥ずかしくないように、強い「女神」になれたらいいな。
女に生まれて良かったって、心から思えた。

19.リアル
もう、この曲のイントロの岩ちゃんは鳥肌モンのかっこよさ。
なんでこんなにいろんな顔があるんだろう?ほんとに魅力的な人だ。

今日のラブラブショーは、最終日スペシャルバージョンでした
昨日、全くと言って良いほど接近戦のなかったゆずさん。
今日は、昨日の分を取り戻す・・いや。それ以上!!!
動き回ってた悠仁が、少しずつ岩ちゃんに寄っていって・・
それをチラチラと目で気にする岩ちゃん(笑)
『なにされるんだ・・?』みたいな顔(笑)
少しずつ近寄って・・ほんとに至近距離で・・
悠仁が岩ちゃんをハグったーーー
キュッって感じで!
ハグられた岩ちゃん、目を細めて、なんともいえない照れ笑い
ホントに素敵な2人だなって思った。
最高で、最強な2人だよね。
すごく嬉しい気持ちになった。

「さあ本当の愛を確かめに行くんだ」

あたしにとってのリアル
それをしっかり守って、しがみついて生きていこうって思った。

第一幕終了!

☆ミュージカル☆

20.もうすぐ30才
あたしは昨日も見たから、悠ちゃんがドコから出てくるかわかってたんだけど、一緒に行った妹は今日が追加初参戦。
だから、悠ちゃんが突然目の前に出現して相当ビックリしてた(笑)
その反応がかなりおもしろくて、黙ってた甲斐がありました
何度も書きますが(笑)今日のお席は42列。横位置は、花道ステージの正面。
多分、周辺のゆずっこみんな同じ気持ちでいたと思うんだけど・・
悠ちゃんの目線がこっちに来てる気がしてしゃーない(笑)
後で妹も同じこと言っとりましたが「悠仁と目が合ってた気がした・・・」と(笑)
結構おいしい席でしたよ

南ちゃんが登場
南「あのね・・・タッチャン!」
悠「・・俺は・・タッチャンじゃないけど・・」
何気にでっかい小技を効かせてきましたな!嬉しいー!
南ちゃんと別れて、トボトボ歩き出す悠ちゃん
ものすごい頑張れコール(笑)
「最終日まで励まされ続けたなぁ・・」
いつもならここで、「・・なにやってんだろ・・」となる所を今日は
「・・でも俺、がんばったなぁ・・!」と、ちょっとたくましくなった悠ちゃん。かっこいいぞ!
そして始まったもうすぐ30歳。
『月刊シャチホコ』・・何その手作り感あふれる雑誌は!(笑)
中スポもあったし、愛知県民大興奮ですよ!

そしてバーのシーン・・
に入る前、悩ましげな表情でバラ花を取り出す悠ちゃん、
おもむろに歩いていき、そのバラをスタド佐野さんにプレゼント
しばらくすると、悠仁側の花道ステージ付近からありえないくらいの歓声。昨日とは明らかに違う様子に、誰かゲストだ!と思ったものの確認できず・・岩ちゃん側の席に属するこっち方面では、「誰!?」「なに!?」とザワザワ・・
そうしてるうちにパッとスポットが当たり、目に飛び込んできたのは

南海キャンディーズ!!!

さっき諦めたはずの希望の火が再び灯ったーー!!

そしてバーのシーンスタート!
「いつもので・・よろしいですか?」と言い、華麗なシェイカーさばき(さばき!?)の山ちゃん。元バーテンさんだもんね。さすがです。
そして出来上がったユズトニック
一口飲んだ悠ちゃん、苦笑いで「これ・・・ホントに酒だな」
嬉しそうな山ちゃん、「ハイ。ガッツリ作らさせていただきました」ライブ中にマジ酒(笑)

しずちゃんとの会話で「今日は・・なんだか1人になりたくないの(みたいなセリフ)」を聞いた悠ちゃん「・・かわいい・・・
しずちゃん、ほんと恋する乙女の顔になっててかわいかった~!
そして「しずちゃん、そんな悲しい顔しないで下さい」と言い、唄い始めた曲は『雨と泪』
ナゼか最初、山ちゃんに向かい唄ってたんだけど、次第にしずちゃんに近づいていき・・
会場からはものすごい悲鳴、叫び、・・笑い?(笑)
歌い上げた悠ちゃんに、しずちゃんバッサリ「ヘ・タ・ク・ソ!!」
うそ~!しずちゃんホントに!?悠ちゃんガーン
・・と思ったら「ウソ!すごく素敵だった
「好きにして!!」と言い、じりじりと近づくしずちゃん・・
じりじり・・じりじり・・そして
ガバーーーッ!!!
しずちゃんが悠ちゃんをハグったーーー!!!
なかなか離れようとしないしずちゃんに、会場からはものすごい声!声!声!喜怒哀楽入り混じった声!!
そこに割って入る山ちゃん・・レフリー化してました(笑)
やっと2人を引き離したと思ったらしずちゃん、相方に向かい
「しゃべるか死ぬかどっちかにして」(笑)
おもしろすぎる・・・!
そして山ちゃん、しずちゃんに向かい「(悠ちゃんが)ライオンににらまれたバンビみたいな顔になってたよぉ~~」
それを聞いたしずちゃん、山ちゃんを押しのけて悠ちゃんに手を伸ばす!
必死で止める山ちゃん!「しずちゃん!しずちゃん!!」
「ウルサイ!私はここにおる1万人を敵に回しても構わんから・・」
2人とも必死。いつの間にか悠ちゃん放置で2人でもみあい
そして最後はやまちゃんの
「・・だいなしだぁ~~!!」で締め(笑)

悠仁から「特別ゲスト、南海キャンディーズでしたぁ」
で、いつものポーズ!
これが見れてホント嬉しかった。南海キャンディーズ最高です!
もう一つ面白かったのが、ドライバー岩ちゃん。
今日はサブステでのコント(?)を見ながらホント楽しそうに笑ってた。大笑いしてる姿がスクリーンに写るたび、こっちも嬉しくて楽しくてニコニコ

そして唄再開
世代別もうすぐ○○歳で、2人の赤ちゃん時代の写真が公開!
あんまりハッキリとは見えなかったけど・・かわいかった~!
どうやら2人は知らされてなかったみたいでビックリしてたけど(笑)
そして、もうすぐウン十歳では、カメラマンさんが1人の警備員さんに近づき・・・
ポン!と肩を叩かれて振り返ったのは、稲葉社長!!
さっきTシャツで音響班のとこいなかった!?いつの間に・・
ホント、おちゃめな社長だよなぁ・・。素敵な人だよね
ゆずの2人も「しゃちょ~!何やってんですかしゃちょお~!」
そしてしっかり「ありがとうございます」も忘れない。この社長にしてこのゆずありって感じだよ・・。素敵な人たちだよホント。

最後の、ドライバーさんと悠ちゃんの会話。
「あのぉ~お客さん~。おカバン、お忘れじゃないでしょうかぁ?」
「あ・・ありがとうございます」
2人してペコペコ(笑)
「それでは・・次はドコへ参りましょうか?」
「そうですねえ・・じゃあハワイ・・
じゃなくて!!
明日へ!」

「明日へ向かって、出発しんこーー!!」

もうすぐ30歳 最終回完!
最終回スペシャル満載、最高だったー!
ミュージカル・・いい!!楽しすぎる!


ここで、今までのゆずを振り返る、リボンしりとり映像。
長野公演で流れたのは知ってたけど、まさか見れると思わんかったんで嬉しかったです。
詳しい流れは覚えてない(笑)繋がらないから書けない・・


☆ダブルアンコール☆

21.冷めたコーヒー
みんなで唄った。楽しかったけど、そろそろじわりじわりと寂しさが襲ってきて・・なんともいえない心境で聞きました。
「いつだって僕は意地を張っては・・」って、なんか生で聞くととってもくすぐったい(笑)

22.友達の唄
号泣・・・・。
昨日も泣いたんだけど、今日は昨日の比じゃないくらい泣きました。
ゆずも、みんな楽しそうに唄ってるのにぼろぼろ泣いてるあたしは一体なんなんだろう・・と思いながらも止まらない。
友達って、ホントに宝だよなぁ。ホントに大事。
特に、この歳になって大切さをひしひしと感じてるこの頃なので・・
もう、完璧にスイッチが入っちゃって大変だった。


23.陽はまた昇る
ココまで、追加曲が全くないまま進行して、結局コレを「最後の曲です」と紹介。
ちょっと寂しい気持ちになりながらも、思いっきり楽しんだ。
タオル投げ、すごいすごいすごーい良かったー!黄色いタオルが一斉に舞うんだもん!圧巻!!
ちゃんとゆずに届いたかな?

悠仁の、「全部置いてけ!!」と言いながら胸をドンドン叩く姿に感動。ホント、全部置いてくくらいの気持ちで、食らいついてくぐらいの気持ちでいきましたよ。
お陰でまたもや腕が痛すぎたけど・・がんばりました(笑)終わった後は不思議な満足感そして、最後の曲が終わってしまったにもかかわらず、なんだか不思議な爽快感。すごい気持ちよかった


そしてスタドの紹介の後、最後の挨拶。
まずは岩ちゃん
「もう、感謝の一言です。ありがとうございました」
・・そしてその後、こんな話をしてくれました。
「10年前、就職するとかしないとか、そーゆう岐路に立たされたみたいな時期に、親に『お前どうするんだ』って言われて・・
『音楽やりたいんだよね・・』ってすごく曖昧な返事をしたんですけど・・続けてきてよかったなあって思いました。
そん時、「30までは家においてやる」って言ってくれた両親に感謝します。
・・そんな岩沢さんちの次男坊も今年30歳になります!」
って。
この言葉で、ああ、今日は御両親が来てみえるんだなってことが分かって・・岩ちゃんらしい、素敵な感謝の言葉だったな。

そして悠仁。
全ての方向に深々と頭を下げて
「ありがとうございました!!」と言ってまた頭を下げた後しばらく顔を上げない悠仁。そして後ろを向いてしまった。
・・その姿にさらに襲う感動の大波。
「岩沢くんが昔の話をしてたので、僕も少し・・。
僕は、ゆずと出会うまでは何に対しても情熱が持てずにいたんだけれど、ゆずと出会って、情熱を向けて音楽をやってこれました。
・・路上をやめた時もそうだったんだけど、何かの終わりっていうのは何かの始まりだと思います。
みんな、また明日からそれぞれの生活に戻ると思うけど、
頑張りましょう。僕らもがんばります!」
「命の続く限り唄い続けて行きたい」とも。
そして、「いつも、ツアーの最終日でしか唄わないうたをうたいます」
と言って始まったこの曲。

24.ツアーお疲れ様の唄
コレはほんとに、一回のツアーで一回しか聞けない宝物のような曲
それを聞ける日がくるなんて思わなかった
ゆずのツアータイトルが発表されて嬉しかった秋から、アルバムが出てツアーが始まって
それと同時に季節もどんどん巡って、気付けばもう夏が目の前。
「とっても長いツアーだったね
とっても長い道のりだったね」
ホントに、あたしたちがいくら想像しても、きっと追いつかないくらい長くて、苦しい時間がたくさんあったんだと思う。
ホントに、ホントにお疲れ様。
そして、ホントにホントに、本当にありがとう。
心から感謝してます。どれだけ言っても伝えきれないくらい、感謝してます。ありがとう。
僕らの旅はこれで終わる
僕らの旅はこれから始まる

終わりは始まり。また、新しい力をつけたゆずに逢える日まで
あたしもがんばろう。自分の道をしっかり磨き上げていこう。

唄が終わり、お互いがそれぞれの花道に挨拶に行き、
・・ふと、足を止める悠仁。
岩ちゃんは、ステージ上段へ向かう階段を上り始めてる。
悠仁が何か叫んでて、よく聞こえはしなかったけど
「岩沢!!いわさわ!!」って、岩ちゃんを呼んでるのが聞こえた。
なおも気付かない岩ちゃん。階段途中で、反対側にいない悠仁に気がついてふと足を止め、ステージ上の悠仁に気付く(笑)
何かを察したのか、すぐに降りてきて、
そしたら悠仁「もう一曲やろう!まだ帰りたくない!!」

その言葉に、ダム決壊・・・・
「うあ~~~~~」と声を上げて泣きました。
「も~どうしよう~。嬉しい~。寂しい~。」どんどん出てくる涙。
ホント、止まらんかった。
でも、ほんとに次の曲で最後。
笑顔で締めくくろう!

そして始まったこの曲。
やっぱりこの曲!

25.てっぺん
もう、ただひたすら楽しんだ!
みんな、ゆずも、笑顔!
ありがとう!ありがとう!!
ありがとう!!!



唄い終わって、「もう一曲!」って声が出たけどすかさず悠仁が
「・・しんじゃう!!」(笑)
うん。もう、大満足。笑顔で見送れる!
そこで悠仁が言うのを忘れてた!ってゆって、
「お父さんお母さんありがとう!岩沢くんのお父さんお母さんも、ありがとうございます!」

さっきの岩ちゃんは、遠まわしだけど、しっかりと感謝の気持ちを述べて
そして悠仁、とっても直接的で素直な感謝の言葉
伝え方は対照的だけど、気持ちは同じように優しくてあったかすぎるふたりがまた一つ見れた気がして、嬉しかった。
・・普段照れくさくて感謝の気持ちを言ったりとかできないんだけど、やっぱりちゃんと伝えないといけないよなぁって思って。
ゆずを見習わなきゃね。

そして改めてステージ上段へ上り、「気をつけ!礼!ありがとうございました!」しっかり聞こえた!
そして『3.2.1ハッスルハッスル!!』岩ちゃんもちゃんとやってた(笑)
2人の後ろには「リボンツアーこれにて終了。これが本当の尾張名古屋」と書いてある垂れ幕(笑)気付いた二人、びっくりしながらも嬉しそうでした。
最後はいつものようにあっとゆー間に2人は見えなくなっちゃって
やっぱり寂しくなったけど、でも心に残るあったかさ
ほんとに、ただ楽しいだけじゃなくて、いろんなことを学ぶことができた。
最高の(約)4時間。
一生忘れられない思い出が、またひとつ増えました。


リボンツアーファイナル 尾張名古屋公演これにて終了です!!



スポンサーサイト
忘れないうちに、記憶、記録!!!
今日のお席は悠仁側のスタンド。
スタンドってことで、全体が気持ち良いほどいい感じに見渡せた。
その分近い距離での細かい部分は見えなかったけどさっ・・
ただ、実物が見えるのにスクリーンを見てしまうのはやっぱり嫌だったから、スクリーンは極力見ないようにした。

でも~・・ムフフ
花道最終地点の真上くらいだったんだな!!(ちょっと高さ的な距離はあったものの)
もう、悶絶・・(笑)
やばかった!花道に来た時はテンション上がりまくり壊れまくり。

というわけで、セットリストとともに回想


1.ニンジン
上から見える良さってのは、遮るものがないことも大きいよね。
こんなにしっかりと、『リボンの始まり』を見たのは今日が初。
のっけからアリーナ前方を煽る悠仁・・見逃さなかったぜ
てゆーか、アレを目の前で見たら失神しそうだと思った。でも右っ子です(笑)

2.命果てるまで
嬉しかった~!ナゼなら、名古屋本公演も、静岡公演も「真夏の太陽」だったので・・命が聞きたかったからホント嬉しかった。
サブステからスタンドを煽る岩ちゃん・・見逃さなかったぜ(笑)
アレを目の前で見たら心臓止まると思った。右っ子です(笑)

3.ダスキング
いや~。。2人とも、いろんな意味でエロい(笑)
ちょっとテンション上がっちゃったね(爆)

4.桜木町
聞くたびに大好きになっていくなあ・・
岩ちゃんの声の伸び、良かったな。ちょっと泣きました。
     

5.栄光の架橋
全然集中して聞けなかった。。ていうか、呆然って感じ・・。
こんな気持ちになったのは今までライブ参加してきた中で初めてなくらい、悲しくて悔しかった。
この曲が始まる前、2人が向き合って曲を始めようとしてるのに、2人の名前を呼ぶのが止まなかった。
やっと静かになったと思ったらそれを見計らったかのようにまた名前を呼ぶんだよ・・。もう、いいかげんにしてって思った。
正直、悠仁が恐かったもん。一瞬客席に向かって『ストップ!』って言うかのように手を上げたかと思ったら、すぐにその手をバッと振り下ろして『ダメ。やりなおし』みたいな動き。
一回仕切りなおしで後ろに下がってもっかい体勢立て直して、ようやく唄いだしてくれました。
もう、その時の2人が『このまま裏にはけちゃうんじゃないか』ってくらいにあたしは見えてしまって・・
(あくまであたしの主観です。)
すごい悲しかった。し、当たり前だけどすごい腹たった。

何でわかんないんだろう。
名前を呼ぶってことは、ゆずが大好きなんだよね。
でも、その行為によって、結果的に2人が、みんなが嫌な気持ちになるかもしれないってこと、なんでわかんないの?
自己満足で大声だすのはやめて欲しい。

そんなわけで、栄光の架橋は頭真っ白な状態で聞いてた。
てか、気持ちの整理が出来なくって・・ホントにショックで。
正直、早く終わって欲しかった・・。あの空気を忘れるには次の曲にいって欲しいって思ってた。ごめんなさい・・

そしてここでMCタイム☆

「今回は2人で行ってきました!!」ってことで、ゆずの名古屋ぶらり旅スライドショーの始まり

まず、名駅のセブン前にあるナナちゃん人形の股の下(笑)で写真撮影。
ナナちゃんがでかすぎるので、寄りの写真だとどこにいるかがわかんない・・・でもだんだん引いていくと・・・
ナナちゃんの股の下ーー!!
背が高すぎるため、若干首をすくめた状態で立ってるナナちゃん。
その姿勢がツボだったのか2人してナナちゃんの姿勢を真似してた(笑)
ちなみに、現在のナナちゃんは水着ですが、季節とかイベントによって着せ替えもちゃんとします。

・・てかあたし昨日、ナナちゃん前通ったのに・・
ゆずいなかったよ暗い時間だったのにさ。
きっと、あたしが去ってから何時間後とかなんだろーな。
・・ちくしょーー!!(笑)

そしてナナちゃんの次は、栄にある『サンシャイン栄』へ。

ここは、景色を楽しむ所でもないのに観覧車があることで有名です。
あの観覧車から見えるのは一体何なのか・・謎。ビルとかデパートしか見えないんじゃなかろーか・・。

ゆずの2人は、観覧車に乗ることはなく、ただサンシャイン前で記念撮影してました。

そしてその後は、愛知県民なら誰しもが知ってる喫茶店(まさに喫茶店って響きがピッタリです)『コメダ珈琲店』へ。
まずお店の前で撮影、その後お店の中で色々撮ってた。
メニューを見てから頼んだ物が来て、食べ終わるまでの流れをこまごまと(笑)
2人が頼んだのは、コメダではきっとイチバン人気メニューの「シロノワール」
ゆずの2人も「どえりゃ~うまかった!」と言ってたけど、ほんとにおいしいんだな。
思い出すと食べたくなって仕方ない一品です


6.一っ端
これ聞くと、頑張んなきゃって思いながらもスッと肩の力が抜けるような感覚に陥れたりもします。今日も毒抜きありがとう。

7.ダスティンホフマン


8.ヒーロー見参 
本公演からかなりグレードアップしたなぁ!って印象を受けました。
全部見たいと思ってしまったのでキョロキョロと忙しかった(笑)
でも・・途中の岩ちゃんのハープソロはガン見
腰砕け・・とゆーか、腰抜けそうなくらいカッコよかった。

御当地ネタは「しゃちほこ。」
よく見たら、しゃちほこの下に写ってる海女さんはゆずさん。
・・ナゼに海女さん・・?


9.チェリートレイン 
緑は『「巻~」「おおぉ~!」』
コレ、横浜でやったみたい
今までやってきた中でイチバンお気に入りらしい(笑)
巻選手の顔写真まで出てきちゃって、きっとワールドカップでゆずっこは巻大注目ですな(笑)

始まる時の映像が面白かった。
かわいらしいのに意外と直接的で・・

そして、ゆずとスタドのみんなが一列に並んでちょこっと振りなんてつけちゃって演奏してくれて、すっごくかわいかった♪

10.少年
「巻~」をひっぱる悠仁(笑)

11.3カウント
ここでも「巻~」を引っ張る(笑)


12.夕立ち
前の曲からの流れか、絶対始まる時に手拍子起きる・・
個人的にあんまり好きではないのでいつも「なんだかなぁ・・」と思ってしまう。
唄が始まればなくなるから問題はないのかもしれないけど・・


13.しんしん


14.青
やっぱ最初は会場のテンションが低いなぁーと・・。
「しんしん」の後だもんんなぁ。
でも、それが、どんどんどんどん上がってきて最後には会場全体がめっちゃ熱くなってるのがすごくいい!
意外とこの流れは正解なのかも・・って今日思った。3度目にして(笑)

15.嗚呼、青春の日々

16.夏色
夏色テープ、スタンドにも飛んできた!
びっくりしたー!嬉しかったー
スタドの紹介が今までよりおもしろかった。
踊る人いれば、しゃべる人もいれば、フツーに演奏する人も。


17.超特急
待ってました!!
「カモン!レインボーホールっ!!」
花道の岩ちゃん、もうかわいすぎだった!
でもってサービスしすぎだよ!ピック3枚投げちゃったよ!
絶対届くわけないのに、「くれー!!くれーー!!」って叫んでた(笑)
2番で歌詞思っきし間違えとった。

18.女神
「魂を込めて・・」って言ってぐっと力を入れてから唄いだした悠仁。

19.リアル
残念ながら、いつものラブラブショーはあんまりなかったなぁ・・
利き腕リボン、浸透してるのかしてないのか微妙な感じでした・・(あたしの周りは)
もちろん黙殺だし(笑)
でも、「ラブラブリアル」はなんかちょっと感動した。
悠仁、「Loving you」って言ってた気がするけど、気のせいか?
始まる時に、ステージの真ん中でギター鳴らす岩ちゃん、最高にかっこいい!目が釘付け!!!状態だった。

☆ミュージカル☆
20.もうすぐ30才
いやぁ~・・。こんな風に変わったんだな!って感じ。
バーにて、あんなベタな展開はありえんだろと思いながらも、ちょっとときめいてしまうのは妄想族な乙女心ってことで(笑)

「いつものやつ」が出てくる前、スクリーンには「この後衝撃の飲み物が!!」の文字。何々?と待ってると、グラスに注がれたのは・・

青汁ーーーーー!!
ちょっと口をつけて、「まずっ!!」って顔。リアル青汁か(笑)

隣に座った女の人に「ところで」を唄った悠次くん。
なのに・・帰ってきた言葉は「へ・た・く・そ!」
青汁全部飲んだのにね・・。頑張れ悠ちゃん(笑)

そしてシレっとタクシーの運ちゃんに変身した岩ちゃん。
こまごまと動いてるの、見てたよ・・
岩ちゃんやっぱサービス精神旺盛だなぁーって感じた。
おもしろすぎ!かわいすぎ!
新聞とか、名古屋のガイドブックとか読んでた。
そして何気に本の棚にあった「中日新聞」見逃さなかったぞ!
名古屋だもんね。

最後、悠次のカバンを拾うタクシー運転手さん
『あのぉ~・・・お客さん。カバン忘れてますよぉ』
すげー!いそう!コンビニ店員に続きこんな運転手いそー!!
ほんと、いい役者だね(笑)呼人さんの言うとおりだ!


☆ダブルアンコール☆

21.冷めたコーヒー
うれしいーー!聞けると思わなかったからホント嬉しかったよ!


22.友達の唄
泣けてきた。困った~・・
なんか、最近自分が思うこととかなりリンクする曲なので・・
ヤバカッタ!泣いてる場面ではない!と思いながら必死で耐えた

23.陽はまた昇る
始まる前、「よっ!!日本一!!」×3で気合入れ(笑)
これ、いつから始まったの・・?
前みたいに、ゆずとスタドだけでわーわー声かけて上げてるほうが個人的には好きですが、今日のは今日ので客席と一体で上げた感じもあって楽しかったです☆

スタンドから見るタオル投げはホントにキレイで、
ついつい自分のタオル投げをサボってアリーナのタオルに注目してしまった。
本公演の時はバラッバラだったのに・・
ここでも、時間が流れたんだってことをひしひしと感じてしまいました。
「名古屋そんなもんかぁ~」って煽る悠仁。
くやしいので絶対タオルは下げなかったわ(笑)



・・とりあえず今日はここまで。
歯抜け部分は後日書くことにしよう・・
もう、眠気が限界!
明日のファイナル・・全てを目に、耳に、脳に焼き付けてこよう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。